新商品 ソーラーチャージャー取り扱い開始

| Posted in , , | Posted on 2017/04/14


 アメリカ NOCO社製
ソーラーチャージャーのご案内です。



小型軽量ドライバッテリー(オデッセイ等)搭載車や
普段あまり乗らない車(クラシックカーや週末だけの趣味車等)
バッテリーが上がりやすい状況といえます。

一般的に小型ドライバッテリーは容量(電気を貯めておく大きさ)が小さく
あまり乗らない車は、ステレオ等の暗電流(バックアップ電源)や、
自然放電等、エンジンがかかっていない時は
少しずつバッテリーは弱っていきます。

バッテリーの端子を外しても
自然放電はしますし
今どきの車はドアを開けるのも大変ですね。

充電器で充電するには近くに電源もなく
バッテリーを外すのも面倒です。

そんなときに、ソーラーチャージャーがおすすめです。




まずは内容ですが
写真の2.5Wタイプは充電時電流180mA
ソーラーチャージャー本体(サイズ240X240X17、重さ635g)
シガープラグ付配線
ワニ口クリップ付き配線
吸盤
説明書
¥5500税別

5Wタイプは、充電時電流410mA
ソーラーチャージャー本体(サイズ348X348X17、重さ1.2Kg)
シガープラグ付配線
ワニ口クリップ付き配線
吸盤は付属しません
説明書
¥10500税別

両方とも12V車専用になります。
ケーブル長さは244Cm




早速単独テスト!

いつも使っているハンドライト2個で
13V以上発電しています。



プジョー106のダッシュ上に置いた
サイズ感はこんな感じです。



プジョーはシガーソケットが常時電源ですので
シガーソケットに刺す・・・
これだけで補充電してくれます。




夜の工場内
LED証明では・・・



約1.4V
暗電流位は多少補ってくれそうです。
そもそも、ソーラーチャージャーつなげなければ
ゼロですので。
(逆流防止機能付き)


ソーラーチャージャーというくらいですので
基本的には太陽光が必ベストですが
曇りとか、蛍光灯程度の明かりでも
何もないときよりは補充電してくれますので
バッテリー上がり対策には貢献してくれますね。

昼間駐車場に置いてある車両は
過電流保護機能付きで安心、
電源必要なく充電してくれるのですから、ありがたいものです。

通常の鉛バッテリーにつないだ場合、良く乗る車両では
バッテリー上がりも少ないとは思いますが
メンテナンス充電という意味では、長寿命化が大きく期待できますね。


またオプションパーツもありまして


これはダッシュマウント、バッテリーインジケーター付きです。
¥2700税別

内装のメクラなどにうまく取り付ければ
ソケットをダッシュに差し込み充電できるようになり
充電状態も確認できます。

他には
バッテリー直付けターミナルコネクター ¥1400税別
OBDⅡコネクター ¥2900税別
バッテリー直付けインジケーター付きコネクター ¥1600税別
もあります。

他に嬉しいのは
防水防塵保護性能がIP65となっておりますので
ある程度外での使用も想定されているところです。

例えばボンネットあけてバッテリーに
直接接続でも大丈夫です。

注意点としましては当然ですが
故意または不注意にショートさせない
上がったバッテリーの充電はできない
等です。
あくまでも補充電、メンテナンス充電が目的の商品になります。







ブレーキパッド交換の手順

| Posted in , , , | Posted on 2017/03/28

ブレーキパッド交換には
それなりの手順がありまして
省いても交換自体はできますが
パッドの片べりや、鳴きの原因になることがあります。

普段当たり前すぎて説明もしないのですが
順を追って見てみましょう。



 
●プジョー106S16のフロントブレーキ外観

原理は
ブレーキペダルを踏みますと
油圧が画像右側のピストンにかかってきて
右側ブレーキパッドをブレーキディスクに押し当てます。

キャリパーは左右にスライドするようになっていますので
上記動作の反力で、左側パッドもディスクに押し当てて
両側のパッドがディスクを押さえつけて
制動力が発生、車が減速します。

円盤をつまむ感じですね!




キャリパーを外したところです。

ディスクの中心に空間があるのは
ブレーキの冷却(空気で冷やす)用です。
古い車には特別な装備でしたが
現代の車、特にフロント側はほとんどこの仕様です。



先ほどキャリパーが左右にスライドすると書きましたが
画像のネジの部分が、その役割をします。
スライドピンなどの名称です。

*ブレーキメーカーによってこの構造ではない
 色々な構造があります。



スライドピンを抜いたところ
結構グリス切れで、キューキューいってます。




グリスが固くなってるので・・・




クリーニング
錆は無かったのですが
必要であれば、ワイヤーブラシ等で掃除が必要な場合もあります。





専用のグリス添付


 

パッド自体にも必要な部分に専用のグリス塗ります。

キャリパーブラケット、パッドベースプレート間
 パッド自体が動きやすいように、鳴き止めも期待して

キャリパーと接触する部分、ピストン
 振動による鳴き止め




こんな風に雑に塗るのは
あまり好みじゃないな~。




完成!
ブレーキを踏んで、ほんのちょっとだけムニュッっとグリスがはみ出るのが
好みです!



参考
4ポットキャリパーなど
対抗ピストンの場合は、キャリパー自体は動きません。
ピストンが左右から出てきます。

フローティングディスクとか
サイドブレーキ兼用のキャリパーとか
色々な構造のものがあるんですけど
その辺はまたの機会に。






 
 

メガーヌ2RS F1チームリミテッド 60000Km整備の今

| Posted in , , , | Posted on 2017/03/04

メガーヌは現在3型で
しかもモデル末期になっていますが
そんな中、メガーヌ2RSの60000Kmの車両は
今どんな状況なのか、基準となる車検に着手できましたので
そのレポートになります!



やはりメガーヌ2の一番好きで
特徴的なところは
リアーのデザインですよね。




限定車の証




[整備に入る前に]
並行輸入車で現在車検が厳しくなっている一つの原因は
ヘッドランプが右側通行用のままの車両が多いことです。
写真のように左側が上がっているか
平らであれば大丈夫ですが
右上がりですとNGですので
心当たりのある方は夜見てみてください。
NGそうであれば、解決策ご相談させていただきますよ。
それとバックフォグ
左側だけ点く場合は車検NGです。






まずはエアコンフィルター
当然何回かは交換歴があるのでしょうが
交換が少々面倒なので見送られがちですが、
汚れは当然として、枯れ葉が結構溜まっているので
交換したのがずいぶんと前であれば
交換おすすめですよ。



ブレーキパッドはサーキットや激しい走りを
しないのであれば、オリジナルの低ダストパッド
AP8000がおすすめです。
踏んだ分だけ効くタイプで、運転が疲れません。
ローターにも優しく、ダストも目立たない色でなおかつすごく少なくなります。
車種、前後は関係なく、ワンプライス¥10000税別です。
これ結構安いと思いますよ。
(大きいパッドは例外もあります)






スパークプラグを点検しようと思って・・・・
IGコイルのカプラーを触っただけで
砕けてしまいました!
でも心配無用、カプラー単体の在庫ございます。
(ルノー純正部品は設定ありません)
プラグも1回も変えてない感じで
ギャップが広くなっていましたので交換しました。




写真はミッションマウントですが
かなり潰れていますね。
他のマウントも全交換しましたが
「タイベル作業のついでにエンジンマウント交換」
良く聞く文言ですが、多くの場合ミッションマウントは同時交換されませんので
気になる方は整備記録調べてみた方がよさそうです。




ほかにもゴムを使った部品があります。
マフラーハンガー(吊りゴム)です。
最近の車は長持ちするように下がりすぎないようにベルトも付いていますが
やはりそこは基本的にゴムを使っていますので
ヒビの点検は必要かと思います。




そしてタイミングベルトは、距離&年数をうまく見て
バランスよく交換が望ましいですよ。
今回はアイドラプーリーの異音と、
錆が結構多かったエンジンでした。




同時交換部品としては
ウォーターポンプになりますが
当然、冷却水を抜きますので
抜いたタイミングで同時に交換しておいた方が良い物
サーモハウジングのメクラキャップ、結構膨らんでますよね。
破裂した例あります💦
なぜかキャップが付いてなく、金属メクラの場合もあります。




 ラジエターのサブタンク
これは結構早めにひびが出るのですが
実際に漏れるのはしばらくしてから・・・
ですが、年式的にももう12年
そんな時期であろうということで交換しました。
これも交換はエンジンマウント外したり、各カバー外したり、エンジン下げたり
結構同時交換でないと結構工賃掛かります。(クーラント代も)



新品と比較
透明感が違います。(笑)




交換部品の一部
上記説明部品以外は
クランクプーリー(内部ダンパーずれます)
補機ベルトセット(ゴム&ベアリングですので)
ちなみに上記作業はほとんどがタイベル&ウォーターポンプ交換作業に
追加工賃無しで作業出来ます。




ルノー4ならではの修理

| Posted in , | Posted on 2017/02/03


天気の良い日にキャンバストップをあけて
ゆっくりと走る。
緑の中を走ったり、紅葉、桜の時期もいいですね!

こんな使い方も似合うルノー4ですが
年式と、走行距離を考えますと
消耗品以外にも整備が必要になる部分は
どうしても出てきてしまいます。

 
 
 これはステアリングラックのブッシュが
減ってガタが出ています。

 
外してみますとかなり薄くなっていますので新品に交換しました。






フロントアッパーアームのブッシュの切れ
ブッシュ単体での供給が終了でしたので
アームASSY交換にて対応


ボールジョイントも付いてきます。



ショックアブソーバーのブッシュも
半分無くなっていて、走行すると当然ながら
ガタガタしますので、ザックスのショックセットの
新品が入手できますので交換。

調べた時点では他メーカーのショックは純正含めて
揃いませんでした。




ドライブシャフトのブーツも切れていますので
交換になりますが、どうせなら内側&外側
両方の交換が望ましいですね。
いずれにしても、薄皮1枚でつながっているだけですと
またすぐに反対側も交換になってしまいますから。



ネジも多くの場合、傷んでいますので
ダイスにて切直しておきます。

 

リバースランプスイッチも
本体からオイルが漏れるようになっていましたので
新品に交換です。




フロントグリルも生産中止ですが
社外品が入手可能です。
画像の色のほかに、黒も選べます。

ちょっと古いルノーの整備はご相談ください!

古い車を修理する。ということ

| Posted in , , | Posted on 2016/12/28

古い車を修理する場合
大きく分けて3通りあると思うんです。

①経年変化
②消耗部品
③人為的なことによる不具合

③の人為的なものについてですが
古い車ほど過去に色々な人が手を入れていますが
そのすべての修理が、きちんとなされているとは限らないんですよね。

なので、修理の管理車両というのは
履歴がわかりますので扱いやすいのです。

また、部品も生産終了が珍しくもなく
有っても入手まで時間が掛かるなど、
現行に近い車両よりもどうしても時間がかかってしまうんです。

そんな作業のご紹介です。

中古車販売のルノー4GTL




キャンバストップのバンドを止めるクリップがプラスチックのため
割れてしまいました。




純正部品は既にありませんので
生きている部品に合わせてアルミにて削り出し




黒く塗ってから取り付けました。



キャンバストップ自体も切れています、
張替えにて対応ですが
ルーフ内貼りの色合いに合わせまして
内側を近い色で作ってみました。





車検でご入庫のR4GTL
色々な修理内容がありましたが
ヒーターが効かないということで見てみましたら



結構ばらさないと見れません…



ヒーターコアまでたどり着くと、、、


ホースが折れて、水流をせき止めていました。

新車からこれは無いと思いますので
過去の誰の仕業ですよねー。



色々作業でお預かりした
ルノー5アルピーヌターボ



試運転したときにブレーキに違和感が、、、


リフトアップしてみてみますと


リアブレーキ配管に付いているはずの
ブレーキリミッターが付いていません。
通常はこの部分に足回りの動きによって油圧を調整する
バルブがあるのですが。
多分漏れていて交換したかったのでしょうが
生産中止でこうなったんだと思います。

この状態ですと
4輪同じ油圧がかかってしまいますので
自転車でリアブレーキを強くかけた時のように
リアがロックしてしまいます。
急ブレーキや、サーキットでは危ないですよね。

そこで


配管を加工、一部製作して


他車種用のリミッター(Pバルブ)を
取り付けしました。
試運転しましたが結構うまくいきました!


そしてカタカタのロアボールジョイント



フロントハブベアリング



持ち込んでいただいたビルシュタインショック




ドライブシャフトアウターブーツ


これは危なかった
ステアリングラックのカップリング



外し作業していたら
最後はバラバラに!




そんなこんなで、今年も今日が最終営業日となりました。
今年1年皆さまには、大変お世話になり感謝しております。

1月は5日からの営業となります。

良いお年を!